地域学修Task Force

About us

岡山大学の医療系学生が、地域に飛び出して学ぶことができるよう支援します。

主な活動

地域学修ガイダンス(1年次)の実施

医学部医学科の新入生に対して、入学直後に岡山大学6年間でできる地域医療実習等の紹介をする学生講義を行っています。先輩の体験談も交えて進めており、大変好評です。

地域におけるフィールドワークの実施

地域におけるフィールドワークの実施地域学修Task Forceのメンバーで年に1−2回哲西診療所に訪問に行き、医療スタッフ、行政スタッフ、住民さんがたと交流を持ち様々な角度から地域医療についてより深く学ぶことができます。

フォトギャラリーでみる地域の活動

哲西診療所見学中 哲西診療所見学中

哲西診療所見学中……哲西町診療所の佐藤医師から、診療所の設備を紹介頂いています。

お宅訪問インタビュー お宅訪問インタビュー

お宅訪問インタビュー。地域を練り歩き、医療、教育、福祉、様々なお話を伺います。時には昼ご飯も……

反省会&振り返り中 反省会&振り返り中

反省会&振り返り中。哲西町訪問の最後には、今回の学びを地域の人も交えて共有します。

その他の呼び名・愛称

地域ゼミ

地域学修Task Forceの活動は、前身である地域で学ぶ実践型ゼミのものを引き継いでいます。フィールドである哲西町では、今でも私たちが地域ゼミと呼ばれているので、愛称として使用を続けています。

参照

岡山大学で経験できる地域医療

低学年から地域医療実習や離島実習、高学年では選択制臨床実習などで地域医療を学ぶ機会があります。

1年生 早期地域医療体験実習(地域枠必修+希望者)
2年生~5年生 離島医療体験実習(希望者のみ)
3年生 地域医療体験実習(全員必修)
5〜6年生 選択制臨床実習(選択次第)